私たちが活動する地域をご紹介致します。

 私たちの一般社団法人西尾青年会議所は愛知県の中央南部の、西三河と呼ばれている地域の内、 西尾市(旧一色町・旧吉良町・旧幡豆町含む)をその活動地域としております。 約160km²の面積があり、約17万の人々が生活を営んでおります。
 国定公園である三河湾、緑豊かな山々、まさに海緑(魅力)的な町であり、 穏やかな気候の素晴らしい町、まさに風光明媚そのもの、それが私たちの活動地域であります。

地域の特色

西尾市

西尾市の町並み  西尾市は三河の小京都とよばれる和の伝統や自然を残す町です。
 生産量日本一「西尾の抹茶」、江戸時代からの歴史を持つ植木「コチョウラン」に代表される 生産量日本一の洋ラン、帯芯生産量が日本一です。
 他にも、茶道、華道、剣道、薙刀、弓道などが盛んで、江戸時代の装束をした200人の 大名行列や市民参加の「踊ろっ茶」などが行われる西尾の一大イベント「西尾祇園祭」の他 「てんてこ祭り」など特徴的な祭りがたくさんあります。 そして東海地区最大規模である憩の農園、 四九朝市と書いて「よくばり市」と読む朝市、平原の滝(ひらはらのたき)、平原ゲンジボタルの里、 西尾市岩瀬文庫、西尾歴史公園などが観光の名所となっています。

旧一色エリア

一色の大提灯  日本一の大きさを誇る「一色の大提灯」、そしてそれを見ることのできる 大提灯まつりは全国各地から多くの人が集まります。
 また、生産高日本一のカーネーション栽培、生産量日本一の「うなぎの養殖」、 生産額日本一の「えびせんべい」など旧一色エリアは日本一がたくさんある町でもあります。
  そして、三河湾の中央に位置する一色漁港は愛知の三大漁港の一つであり、 その一角にある一色さかな広場では、新鮮な魚介類をはじめ地元の特産品がそろっております。
  風光明媚な佐久島では、釣りやハイキングを楽しむこともできます。

旧吉良エリア

宮崎海岸  旧吉良エリアは、愛知県の海岸部の中央に位置し、古くから「風光明媚な三河の名勝」と謳われ、 三河湾国定公園の美しい海岸や森林などの豊かな自然が残っています。
 一方旧吉良エリアを代表する三人衆「吉良上野介義央公、吉良の仁吉、尾崎士郎」にまつわる数多くの 歴史的・文化的遺産も残されています。
 温暖な気候に恵まれた肥沃な土地は様々な農産物の宝庫であり、水のきれいな三河湾からは、 新鮮な魚介類や海苔がたくさん採れます。
 また、美しい吉良ワイキキビーチでは、海水浴やマリンスポーツなどで賑わいます。
 10月には吉良産業フェスティバルが開催され、大変な賑わいを見せます。

旧幡豆エリア

三ヶ根山スカイラインの風景  三ヶ根山を背中に配し、前には美しい海を見据えるこの地域は、三河湾国定公園の一部でもあります。
 特に三ヶ根山にある三ヶ根山スカイラインは、梅雨時の6月初旬から7月中旬にかけて、 7万株の紫陽花が咲き乱れ、別名「あじさいライン」とも呼ばれる程、大変美しい眺めになります。
 また、夏の海で開催されるいかだレースの「幡豆ストーンカップ」も年々参加者も増え、 今では旧幡豆エリアを代表するイベントになっています。
 その他、愛知こどもの国では、家族で楽しめる様々な遊具、施設を完備しており、 年間を通して多くの人が訪れています。
 また、「幡豆観音のかぼちゃ祭り」や火祭りなどのお祭りも有名です。