実働可能防災体制設置委員会

実働可能防災体制設置委員会
担当理事 常任理事:久米健史
委員長 太田哲平 
副委員長 伊藤智章
岩瀬啓太
運営幹事 宇野秀志  佐藤孝政
鈴木和也
メンバー 石川圭一  石川容全
岩佐明広  川部雅弘
杉浦正浩  高山智三子
山田康貴
委員会基本方針  近年、日本各地で発生する大規模災害において、行政と地域との連携、全国各地からの人的、物的支援が迅速に行われています。その反面、被災地での体制の整備不足により、必要なものが必要としている場所に届かず、必ずしも適切な支援が行き届かない現状があります。我々の住み暮らす西尾市においても数百年に一度の大規模災害が発生する可能性が高まってきている状況下で、現在の西尾青年会議所としての災害対策は各自が役割を把握出来ておらず、必ずしも実働可能な体制ではありません。「明日は我が身」と言われるように、自身が被災者となることの意識をもち続けなければ、発災した場合に家庭生活、会社経営、さらにはJC活動に支障をきたす事になり、次の時代へと災害に強いまちづくりをしていくことが困難となります。自分の家族、会社、地域を守っていくために、LOMメンバー一人ひとりが、地域を牽引するリーダーとなる人材として、防災への意識をさらに高め、有事の際、各自が最善の行動を起こせる習慣を身に着けておくことが必要です。また発災時には、被災者や被災地が必要としている支援を適切に行うために、各団体の単独の支援活動ではなく、連携した支援活動が必要であると考えます。
 そこで本委員会では「自分たちのまちは自分たちで守る」ことを常に心掛け、今この瞬間本当に発災した場合に自身が「どう行動するか」を机上の空論ではなく現実的に考え、有事の際、各自が最善の行動を起こせる習慣を身に着けておくことの重要性を学び、LOMメンバーへ体得の機会を年間通じて提供していきます。さらに地域で防災に取り組む団体との防災体制の連携や構築を目指し活動してまいります。
 防災への意識を高めたLOMメンバーが家庭、会社へと学びを波及させ、西尾青年会議所が地域と連携し、それぞれの防災体制が実働可能なレベルまで充実されることで、災害に強い西尾市の構築へとつなげてまいります。